開発の物語

開発の物語開発の物語

原価マスク(異業種) ステルス戦闘機

実際の開発プロジェクト例として、

  • 異業種での製品開発となったトリニティの原価マスク
  • 第5世代のステルス戦闘機F-22誕生

についてまとめています。

プロジェクトは物語としてみても興味深いものがあります。

異業種からの挑戦「トリニティ製原価マスク」

プロジェクト・マネジメントの1例として、トリニティというスマホのアクセサリ・メーカーが、「原価マスク」を製造・販売した事例をまとめています。

トリニティの原価マスク製造・販売とプロジェクト・マネジメント
花粉症の季節はマスクをしています。2020年の春は新型コロナによりいつものマスクが手に入らず手持ちも減る中、幸いトリニティの原価マスクを入手できて一安心。トリニティの原価マスク製造・販売をプロジェクト・マネジメントの視点からまとめました。

第5世代戦闘機F-22ラプター開発の物語

米国空軍のステルス戦闘機開発は、1981年のATF(Advanced Tactical Fighter、先進戦術戦闘機)プログラムから始まりました。F-22ラプターが生まれるまでをLockheed Martin社の記事を主にまとめています。開発プロジェクトの読み物としても興味深いです。

F-22ラプター:戦域での航空支配という新しい戦い方を実現
F-22ラプターは、ロッキード・マーチン社とボーイング社が共同開発した第5世代のステルス戦闘機です。F-35と比べるとカタログ・スペックでは表せない、使用技術やステルス機としての性能そのものがF-22の方が優れていると考えています。
第1話:ATF(先進戦術戦闘機)プログラムから生まれたF-22
F-22ラプターの始まりは1981年のATF(Advanced Tactical Fighter)プログラムからです。F-22開発は物語の様でもあり、ATFの始まりから、F-16登場による中断、様々な次世代戦闘機の設計コンセプトと実現技術の特定までを説明しています。
第2話:ATFの研究で明らかになった4つの性能要件と操縦性の統合
F-22ラプターの始まりは1981年のATF(Advanced Tactical Fighter)プログラムからです。ATF研究により明らかになった4つの性能要件「ステルス、スピード、機動性、STOL/STOVL/VTR」と操縦性について説明しています。
第3話:ロッキード社、ボーイング社、ゼネラル・ダイナミクス社の設計コンセプト
F-22ラプターの始まりは1981年のATF(Advanced Tactical Fighter)プログラムからです。ステルス性の要求とRFIに基づくロッキード社、ボーイング社、ゼネラル・ダイナミクス社の設計コンセプトについて説明しました。
第4話:要求の大きな変更:ステルス性の重視と試作機の追加
F-22ラプターの始まりは1981年のATF(Advanced Tactical Fighter)プログラムからです。提案期限直前にステルス性の重要性が重視され試作機が追加されることになりました。提案内容変更への対応について説明します。

スポンサーリンク
開発の物語

トリニティの原価マスク製造・販売とプロジェクト・マネジメント

花粉症の季節はマスクをしています。2020年の春は新型コロナによりいつものマスクが手に入らず手持ちも減る中、幸いトリニティの原価マスクを入手できて一安心。トリニティの原価マスク製造・販売をプロジェクト・マネジメントの視点からまとめました。
2021.06.19
スポンサーリンク
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました