PR

はじめての内部監査責任者

はじめての内部監査責任者 はじめての内部監査責任者

これまで内部監査責任者としてやってきたことを振り返ると、次のような取り組みをしてきました。

  • 内部監査の形(記録、エビデンス)を作る。
  • 計画、実施、報告のパターンができてくる。
  • (必要に迫られ)内部監査員の育成をはじめる。

そして、自分が内部監査責任者の仕事から離れる(配分を減らす)ためには、

  • 次の内部監査責任者を育てる。

ことが必要になってきました。

内部監査員や内部監査責任者を育てるには、3年程度の計画も必要になります。

そこで、「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を利用して、内部監査責任者はどんなことするのかについて、説明していきたいと考えています。

  • 「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」とは、品質マネジメントシステム(QMS)を含むマネジメントシステムの監査のための指針に関するJIS規格です。

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」から

ISO内部監査責任者として、「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を使って、どの様に考えたり対応してきたかについてまとめています。

JISQ19011の構成

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」と監査責任者
これまで内部監査責任者の経験を振り返り、次の内部監査責任者を育てることが必要になってきました。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を利用して、内部監査責任者はどんなことするのかについて、まずはJISQ19011の概要を説明します。

QMSの7原則とはだいぶ違う監査の原則

QMSの7原則とはだいぶ違うJISQ19011の監査の原則
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」はQMSを含むマネジメントシステム監査に関するJIS規格です。監査の原則は個人に求められる資質の様なイメージがあり、内部監査員への説明が難しいものです。QMSの7原則と比べたりして説明します。

中期の内部監査の計画と実施

監査プログラムのマネジメントを3年程度の中期計画、監査の実施を毎年行う定期内部監査と考え、ポイントなどをまとめています。

監査プログラムのマネジメントは中期計画、監査の実施定期内部監査

内部監査の中期計画は、3年程度を想定しています。監査の実施は年1回の定期内部監査です。

JISQ19011の監査プログラムのマネジメントと監査の実施との関係
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのが箇条5「監査プログラムのマネジメント」と箇条6「監査の実施」の違いです。全者は内部監査の中期計画、後者は定期内部監査と考え、箇条5と箇条6の違いについて説明します。

内部監査の中期計画と目的

定期内部監査を3回で3年間、単年度ではできないこともできます。

内部監査の運営(マネジメント):内部監査の中期計画と目的
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのは、「5 監査プログラムのマネジメント」と「6 監査の実施」の違いです。前者は内部監査の中期計画、後者は定期内部監査と考え、中期計画の概要と目的について説明します。

内部監査の中期的リスクと機会

単年度では何となく流してしまいがちですが、3年みることでリスクとチャンスについて取り組むことができます。

内部監査の運営(マネジメント):内部監査の中期的リスクと機会
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのは、「5 監査プログラムのマネジメント」と「6 監査の実施」の違いです。前者は内部監査の中期計画、後者は定期内部監査と考え、内部監査の中期的リスクと機会について説明します。

中期内部監査計画作成前の準備

事前準備で中期計画の枠組みを意識してから、手を動かします。

内部監査の運営(マネジメント):中期内部監査計画を作る前の準備事項
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのは、「5 監査プログラムのマネジメント」と「6 監査の実施」の違いです。前者は内部監査の中期計画、後者を定期内部監査と考え、中期内部監査計画を作る前に準備することを説明します。

中期内部監査計画の作成と実施

中期内部監査計画を作成時のポイントや実施時の注意点をまとめています。

内部監査の運営(マネジメント):中期内部監査計画の作成と実施
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのは、「5 監査プログラムのマネジメント」と「6 監査の実施」の違いです。前者は内部監査の中期計画、後者を定期内部監査と考え、中期内部監査計画の作成と実施について説明します。

中期内部監査計画の継続的改善

中期内部監査計画では、3年とい視点での監視・レビュー・改善(継続的改善)が必要になります。

内部監査の運営(マネジメント):中期内部監査計画の継続的改善
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのは、「5 監査プログラムのマネジメント」と「6 監査の実施」の違いです。前者は内部監査の中期計画、後者を定期内部監査と考え、中期内部監査計画の継続的改善について説明します。

定期内部監査の計画と実施

毎年行う定期内部監査のポイントなどの説明をします。

内部監査の事前準備

定期内部監査の実施:内部監査の事前準備と計画作成
JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」について、QMSの内部監査を想定して、「5 監査プログラムのマネジメント」は内部監査の中期計画、「6 監査の実施」は定期内部監査と考え、定期内部監査実施前の事前準備と計画作成について説明します。

内部監査の実施:初回会議から最終会議まで

定期内部監査の実施:初回会議から最終会議まで
JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」について、QMSの内部監査を想定して、「5 監査プログラムのマネジメント」は内部監査の中期計画、「6 監査の実施」は定期内部監査と考え、定期内部監査の初回会議から最終会議について説明します。

内部監査報告書とフォローアップ

定期内部監査の実施:内部監査報告書とフォローアップ
JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」について、QMSの内部監査を想定して、「5 監査プログラムのマネジメント」は内部監査の中期計画、「6 監査の実施」は定期内部監査と考え、内部監査報告書の作成・配布からフォローアップについて説明します。

内部監査員の力量と評価

内部監査を活用し、内部監査員を育てるだけでなく、QMSの理解者を増やすためにも重要です。

  • 内部監査員候補から、内部監査員のメンバー、内部監査リーダーとして独り立ち

内部監査員メンバーとリーダーの力量

内部監査員の力量と評価:内部監査員(メンバー、リーダー)の力量
内部監査を活用するためには、内部監査員の育成(教育・訓練)が不可欠です。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を参考にして、内部監査員のメンバーとリーダーの力量について、内部監査責任者の視点に立ち説明します。

内部監査員(メンバー、リーダー)の力量評価基準

内部監査員の力量と評価:内部監査員(メンバー、リーダー)の力量評価基準
内部監査を活用するためには、内部監査員の育成(教育・訓練)が不可欠です。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を参考にして、内部監査員のメンバーとリーダーの力量評価基準について、内部監査責任者の視点に立ち説明します。

内部監査員の力量評価と維持・向上

内部監査員の力量と評価:内部監査員の力量評価と維持・向上
内部監査を活用するためには内部監査員の育成(教育・訓練)が不可欠です。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を参考に、内部監査員のメンバーとリーダーの評価方法、評価、力量の維持・向上について、内部監査責任者の視点に立ち説明します。

JISQ19011の付属書を内部監査改善のヒントに

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」の付属書を内部監査の改善や活用のヒントとして振り返りまとめています。

内部監査の方法

JISQ19011の付属書を内部監査改善のヒントに:内部監査の方法
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」は、QMSだけでなく他のマネジメントシステムにも共通する内容となっています。この指針の付属書をヒントに、QMS内部監査の改善や活用について振り返りました。内部監査の方法について、説明します。

内部監査員の力量向上

JISQ19011の付属書を内部監査改善のヒントに:内部監査員の力量向上
「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」は、QMSだけでなく他のマネジメントシステムにも共通する内容となっています。この指針の付属書をヒントに、QMS内部監査の改善や活用について振り返りました。内部監査の力量向上について、説明します。

以下、サンプリングなどを予定

内部監査員を育てるためのヒント

内部監査員、特に、リーダーを育てていくために必要なこと

内部監査計画の作り方とリスケについて

日程変更ありが前提の内部監査計画作成と計画配布後の日時調整
これまでは、内部監査員ができることをまかせる方針で、個人の力量を考慮した状況確認や指示をしていました。そろそろ内部監査員が自ら動きだせるように、できるだけやらせる方針にしました。内部監査のスケジュールの決め方と日程調整について説明します。

はじめての内部監査で不安なリーダーに話すこと

内部監査直前、はじめての内部監査で不安な監査リーダーに話すこと
はじめて内部監査リーダーをすることになると、事前準備をしていても本番が近づくにつれ不安になっていくようです。そんな時、内部監査責任者として、はじめてで漠然とした不安を感じている監査リーダーに話すことや接し方について説明します。

スポンサーリンク
はじめての内部監査責任者

JISQ19011の付属書を内部監査改善のヒントに:内部監査員の力量向上

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」は、QMSだけでなく他のマネジメントシステムにも共通する内容となっています。この指針の付属書をヒントに、QMS内部監査の改善や活用について振り返りました。内部監査の力量向上について、説明します。
はじめての内部監査責任者

JISQ19011の付属書を内部監査改善のヒントに:内部監査の方法

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」は、QMSだけでなく他のマネジメントシステムにも共通する内容となっています。この指針の付属書をヒントに、QMS内部監査の改善や活用について振り返りました。内部監査の方法について、説明します。
はじめての内部監査責任者

内部監査員の力量と評価:内部監査員の力量評価と維持・向上

内部監査を活用するためには内部監査員の育成(教育・訓練)が不可欠です。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を参考に、内部監査員のメンバーとリーダーの評価方法、評価、力量の維持・向上について、内部監査責任者の視点に立ち説明します。
はじめての内部監査責任者

内部監査員の力量と評価:内部監査員(メンバー、リーダー)の力量評価基準

内部監査を活用するためには、内部監査員の育成(教育・訓練)が不可欠です。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を参考にして、内部監査員のメンバーとリーダーの力量評価基準について、内部監査責任者の視点に立ち説明します。
はじめての内部監査責任者

内部監査員の力量と評価:内部監査員(メンバー、リーダー)の力量

内部監査を活用するためには、内部監査員の育成(教育・訓練)が不可欠です。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を参考にして、内部監査員のメンバーとリーダーの力量について、内部監査責任者の視点に立ち説明します。
はじめての内部監査責任者

定期内部監査の実施:内部監査報告書とフォローアップ

JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」について、QMSの内部監査を想定して、「5 監査プログラムのマネジメント」は内部監査の中期計画、「6 監査の実施」は定期内部監査と考え、内部監査報告書の作成・配布からフォローアップについて説明します。
はじめての内部監査責任者

定期内部監査の実施:初回会議から最終会議まで

JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」について、QMSの内部監査を想定して、「5 監査プログラムのマネジメント」は内部監査の中期計画、「6 監査の実施」は定期内部監査と考え、定期内部監査の初回会議から最終会議について説明します。
はじめての内部監査責任者

定期内部監査の実施:内部監査の事前準備と計画作成

JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」について、QMSの内部監査を想定して、「5 監査プログラムのマネジメント」は内部監査の中期計画、「6 監査の実施」は定期内部監査と考え、定期内部監査実施前の事前準備と計画作成について説明します。
はじめての内部監査責任者

内部監査の運営(マネジメント):中期内部監査計画の継続的改善

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのは、「5 監査プログラムのマネジメント」と「6 監査の実施」の違いです。前者は内部監査の中期計画、後者を定期内部監査と考え、中期内部監査計画の継続的改善について説明します。
はじめての内部監査責任者

内部監査の運営(マネジメント):中期内部監査計画の作成と実施

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」で分かりにくいのは、「5 監査プログラムのマネジメント」と「6 監査の実施」の違いです。前者は内部監査の中期計画、後者を定期内部監査と考え、中期内部監査計画の作成と実施について説明します。
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました