PR

はじめての内部監査責任者

はじめての内部監査責任者 はじめての内部監査責任者

これまで内部監査責任者としてやってきたことを振り返ると、次のような取り組みをしてきました。

  • 内部監査の形(記録、エビデンス)を作る。
  • 計画、実施、報告のパターン(ルーティーン)ができてくる。
  • (必要に迫られ)内部監査員の育成をはじめる。

そして、自分が内部監査責任者の仕事から離れる(配分を減らす)ためには、

  • 次の内部監査責任者を育てる。

ことが必要になってきました。

そこで、「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を利用して、内部監査責任者はどんなことするのかについて、説明していきたいと考えています。

  • 「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」とは、品質マネジメントシステム(QMS)を含むマネジメントシステムの監査のための指針に関するJIS規格です。

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」

ISO内部監査責任者として、「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を使って、どの様に考えたり対応してきたかについてまとめています。

JISQ19011の構成

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」と監査責任者
これまで内部監査責任者の経験を振り返り、次の内部監査責任者を育てることが必要になってきました。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を利用して、内部監査責任者はどんなことするのかについて、まずはJISQ19011の概要を説明します。

スポンサーリンク
はじめての内部監査責任者

「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」と監査責任者

これまで内部監査責任者の経験を振り返り、次の内部監査責任者を育てることが必要になってきました。「JISQ19011マネジメントシステム監査のための指針」を利用して、内部監査責任者はどんなことするのかについて、まずはJISQ19011の概要を説明します。
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました