プロジェクト・マネジメント

プロジェクト・マネジメントプロジェクト

設計の再開発 ベイジ(IT系)に学ぶ

プロジェクト・マネジメント、理論的な解説から実践的なハウツー本など様々な書籍があふれています。コンサルティング・サービスも、様々な種類があります。

ISOの規格までできました。

「JIS Q 21500:2018 プロジェクトマネジメントの手引」に思う
JISQ21500:2018プロジェクトマネジメントの手引が制定され、今後改定を含め規格化が進みそうです。プロジェクトマネジメントの手引、プロジェクトマネジメント手法を学ぶことの薦め、プロジェクトについて思っていることを説明しました。

このカテゴリでは、様々なプロジェクト・マネジメントに関する記事についてまとめています。

スポンサーリンク

プロジェクト・マネジメントの人気記事

ISO規格が求める設計開発プロセスとデザインレビューの振り返り2451 views
「JIS Q 21500:2018 プロジェクトマネジメントの手引」に思う1818 views
商品企画のために作った開発ロードマップは設計開発のライフサイクル?1094 views
プロジェクトマネジメントのポイントは立ち上げ、チーム編成、リスク管理516 views
プロジェクト憲章:プロジェクトの成功に必要な合意事項440 views

プロジェクトとマネジメント

プロジェクトとは

プロジェクトというと大規模であったり、モノづくりのイメージがありますが、規模の大小の差こそあれ、改めて見回してみると大小様々なプロジェクトがあります。

  • 航空機や自動車などの新規開発
  • 超高層ビルや長大橋などの巨大建築物の建設

マネジメントとは

そして、もう1つのキーワード「マネジメント」。

日本語では「管理」、管理は「コントロール」といった意味合い、イメージの方が多いように感じています。

今のところ、以下の「マネジメント」の定義がしっくりきています。

マネジメントとは、何とかすること

経営=manage=やりくりして何とかすること

スポンサーリンク

プロジェクト:新製品開発(商品企画)の場合

商品企画の経験を通して、新商品(売れる製品)開発をプロジェクトとして進めるために最も重要なのは、リスク管理、具体的には納期管理だと考えています。

新商品開発の商品企画担当として心がけていたのは、以下の2点でした。

  • どんなに準備をしても想定外は起こる
  • 見込みが外れた時の対応策を考えておく(決めておく)
リカバリが大変だったプロジェクトの思い出
これは、2年で教育・訓練用のビデオを作るというプロジェクトの思い出です。 私自身にネガティブな記憶はないのですが、周りからは大変なのに大丈夫かなと静かに見守られていたようです。 振り返ってみると、 プロジェクト1年と4か月経過後...
商品企画のために作った開発ロードマップは設計開発のライフサイクル?
商品企画のために作った開発ロードマップ(設計開発のライフサイクル)はについて紹介します。時代は変わっている、時間を稼ぐ売れる新商品企画の誕生、商品企画実現までのこと、売れれば営業の意見も変わる、開発ロードマップその後について説明しました。

もちろん、新商品そのものの要求、要求仕様なども重要です。企画した商品が売れるまで、ネガティブな意見はなくなりませんが、それを気にしないで済む環境(上司やチーム、支えてくれる経営層)もポイントです。「運も実力のうち」の一面でしょうか。

商品企画のPDCA? 売れる商品のアイディアや思い付きを形に
商品企画の顧客満足はお客様のやりたいことを実現する商品の出荷、継続的改善は世の中に出した商品の改善を続けることと考えています。商品企画についてよく聞かれたことやっていたこと、考えていたこと、売れる商品の企画と開発について説明しています。
スポンサーリンク

ベイジに学ぶ

「ベイジ」とは、「BtoB企業のためのWeb制作会社」株式会社ベイジのことです。設計開発に必要な文書を探していてベイジさんを知りました。

モノづくりやマネジメントなどにも共通するコンテンツ(ブログ記事)もあり、自分で考えてみるよいきっかけにもなっています。

ベイジ(IT企業)に学ぶ
モノづくりの設計文書について調べている時にたどり着いたのがベイジさんのブログでした。ISOに関する27の質問、ミスが少ないモノづくり目指す16の取り組みについてまとめています。
ISO(品質マネジメント)に関する27の質問に3万字で答えました
ベイジさんの「オウンドメディアに関する27の質問に2万字で回答します」は、ISOや品質マネジメントにも共通することが多いことに驚きながら、ISOに関する27の質問に置き換えてまとめました。ISOの振り返りや見直しなどの参考になれば幸いです。
ミスが少ないモノづくりを目指して:実践したい16の取り組み
ベイジさんのブログに「ミスが少ないweb制作会社を目指して~実践している16の取り組み」があります。これをモノづくりについて当てはめ、「ミスが少ないモノづくりを目指して実践したい16の取り組み」についてまとめています。
スポンサーリンク

プロジェクト:設計の再開発

3D CADの導入は、図面作成の工数がかなり増えたデメリットばかりで、設計ツールの進歩によるCAE(シミュレーション)などのメリットを設計・開発プロセスで活用できていないケースが多いと感じています。

少々厳しい言葉になりますが、設計者が設計をしているのではなく、3D CADを使って形状モデルを作るモデラーになってしまっている。結果、設計に起因するトラブルが減らない、トラブル対応でさらに設計者の時間が取られるといった負の循環が発生しています。

そこで、ISO9000の求める設計・開発を振り返り、設計を再設計するプロジェクトとして考えたことなどについてまとめていきます。

設計の再開発
ISOを取ったけれども設計品質は上がらないし、設計起因のトラブルが減らないといった悩みを聞くことは少なくありません。ISO9000の設計・開発プロセスを自社で活用するために、設計を再開発する取組み(プロジェクト)についてまとめています。

ものづくり白書2020から

中小企業のモノづくりについて、これからのヒントになるようなものがないのかと思い。「ものづくり白書2020」を読み、気になったことについてまとめています。

ものづくり白書2020から中小企業のモノづくりについて考える
マネジメントレビューのインプット資料作成にあたり、製造業の中小企業を対象に何かヒントになることがないかと思い、ものづくり白書の2020年版を読んでみました。「設計力強化」という言葉が気になったことがきっかけです。PDF300ページを読むのは少々大変でした。
ものづくり白書2020から不確実な世界における企業変革力とデジタル化
マネジメントレビューの参考になればと読み始めた2020年版ものづくり白書。不確実な世界における日本の製造業の企業変革力について、経営戦略、大企業と中小企業の比較、サプライチェーンの強化、製造業のデジタル化などについてまとめています。
ものづくり白書2020から設計力強化戦略とDX(デジタルトランスフォーメイション)
2020年のモノづくり白書から設計力強化戦略とDX(デジタルトランスフォーメイション)の部分について説明します。フロントローディングやバーチャル・エンジニアリングなど2000年代のPCとCAEの普及し始めた頃と大きな違いはなさそうです。
ものづくり白書2020からものづくり人財の確保と経営課題
2020年のものづくり白書からモノづくり人財の確保と経営課題について説明します。モノづくり現場が直面している経営課題(事業環境、市場環境、強み、競争力を高める取組)、製造の鍵となる技能、デジタル技術の活用と人災育成についてまとめています。
スポンサーリンク

プロジェクト管理とPDCA

今は変化の時代です。

「PDCAは、今の時代には合わない。時代遅れ。」との意見を聞くこともありますが、PDCAを回すことが目的になっているような印象を受けることが多いです。OODAといった変化に強いサイクルも提案されていますが、これも目標達成のための手段です。

何かの目的のために、目標を設定し、期限までに達成する。

そのための手法(フレームワーク)としてPDCAをうまく合わせていくことが大切なのだと考えています。

ビジョンで回すPDCA。ISO9000(品質)活用してますか?
ISO9000品質マネジメントの効果が見えない、PDCAがうまく回っていない、マンネリ化しているとの声があります。「何を実現するために会社を作ったのか」こそビジョンであり、具体的なビジョンがあるとPDCAが回しやすいことを説明しています。
PDCAはPから始める? できることをやってみるのが一番
PDCAは計画作りから始めなくてもよいのです。ここでは以下について説明しました。PDCA始めの1歩は、記録をつける残すから。マネジメントの第一歩は自己管理(時間管理)。指示待ちは指示したことはできること。P(計画)とC(確認)、品質目標と計画作成。
PDCAのPにはこだわらない。まず実行(Do)!
ISOやPDCAにマイナスのイメージがある人のお話を聞くと、PDCAが悪者のようなイメージを受けることが多いように思います。計画は実行あっての計画なので、PDCAはまずDo(実行)、目的、目標、手段を意識することと合わせて重要なポイントです。
スポンサーリンク

プロジェクトを成功させるマネジメントとは

「プロジェクトを成功させるにはどうしたらよいのか?」

と聞かれることがあります。プロジェクト(新商品企画・開発)の成功経験はありますが、とても答えにくい、説明しにくい質問です。

答えの1つとして以下の記事にまとめてみました。

プロジェクトマネジメントのポイントは立ち上げ、チーム編成、リスク管理
プロジェクト成功のためのポイントは、プロジェクトの立ち上げ、チーム編成(人選)、リスク管理です。「プロジェクトマネジメントの手引き」を参照しながら、プロジェクト成功のポイントについてまとめています。

プロジェクトマネジメントと言えば、プロジェクト憲章というものがあります。難しそうですが、プロジェクトの目標達成に必要な合意事項です。

以下の記事にまとめてみました。

プロジェクト憲章:プロジェクトの成功に必要な合意事項
プロジェクトの成功には、プロジェクトの基本方針・目的や実行計画を明記したプロジェクト憲章の合意が必要です。プロジェクト憲章の例を使い「JIS Q21500:2018プロジェクトマネジメントの手引」について説明しています。

なお、プロジェクトマネジメントに関する規格「JIS Q 21500:2018 (ISO 21500:2012) プロジェクトマネジメントの手引」については、以下のページをご参照ください。

ISO9000シリーズ等のJIS規格と「JIS検索」について
ISO9000シリーズ品質マネジメントシステム要求事項等とJIS規格を検索方法について説明します。「JISQ9004組織の持続的成功のための運営管理−品質マネジメントアプローチ」の「付属書A(参考)自己評価ツール」の自己採点はお勧めです。

プロジェクト事例に学ぶ

トリニティ製原価マスク

プロジェクト・マネジメントの1例として、トリニティというスマホのアクセサリ・メーカーが、「原価マスク」を製造・販売した事例をまとめています。

トリニティの原価マスク製造・販売とプロジェクト・マネジメント
花粉症の季節はマスクをしています。2020年の春は新型コロナによりいつものマスクが手に入らず手持ちも減る中、幸いトリニティの原価マスクを入手できて一安心。トリニティの原価マスク製造・販売をプロジェクト・マネジメントの視点からまとめました。

スポンサーリンク
ベイジ(IT企業)に学ぶ

ISO(品質マネジメント)に関する27の質問に3万字で答えました

ベイジさんの「オウンドメディアに関する27の質問に2万字で回答します」は、ISOや品質マネジメントにも共通することが多いことに驚きながら、ISOに関する27の質問に置き換えてまとめました。ISOの振り返りや見直しなどの参考になれば幸いです。
2021.02.21
ベイジ(IT企業)に学ぶ

ミスが少ないモノづくりを目指して:実践したい16の取り組み

ベイジさんのブログに「ミスが少ないweb制作会社を目指して~実践している16の取り組み」があります。これをモノづくりについて当てはめ、「ミスが少ないモノづくりを目指して実践したい16の取り組み」についてまとめています。
2021.02.21
設計の再開発

ものづくり白書2020からものづくり人財の確保と経営課題

2020年のものづくり白書からモノづくり人財の確保と経営課題について説明します。モノづくり現場が直面している経営課題(事業環境、市場環境、強み、競争力を高める取組)、製造の鍵となる技能、デジタル技術の活用と人災育成についてまとめています。
2021.02.27
設計の再開発

ものづくり白書2020から設計力強化戦略とDX(デジタルトランスフォーメイション)

2020年のモノづくり白書から設計力強化戦略とDX(デジタルトランスフォーメイション)の部分について説明します。フロントローディングやバーチャル・エンジニアリングなど2000年代のPCとCAEの普及し始めた頃と大きな違いはなさそうです。
2021.02.27
設計の再開発

ものづくり白書2020から不確実な世界における企業変革力とデジタル化

マネジメントレビューの参考になればと読み始めた2020年版ものづくり白書。不確実な世界における日本の製造業の企業変革力について、経営戦略、大企業と中小企業の比較、サプライチェーンの強化、製造業のデジタル化などについてまとめています。
2021.02.27
設計の再開発

ものづくり白書2020から中小企業のモノづくりについて考える

マネジメントレビューのインプット資料作成にあたり、製造業の中小企業を対象に何かヒントになることがないかと思い、ものづくり白書の2020年版を読んでみました。「設計力強化」という言葉が気になったことがきっかけです。PDF300ページを読むのは少々大変でした。
2021.02.27
ベイジ(IT企業)に学ぶ

ISO(品質マネジメント)に関する27の質問に答えます:その他

ベイジの枌谷さんの「オウンドメディアに関する27の質問に2万字で回答します」を読み、ISOにも通じることが多い事に驚き、27の質問を品質マネジメントに置き換えまとめました。27の質問の内「その他」の3つについて製品開発などを例にしてまとめています。
2021.02.21
ベイジ(IT企業)に学ぶ

ISO(品質マネジメント)に関する27の質問に答えます:運用体制

ベイジの枌谷さんの「オウンドメディアに関する27の質問に2万字で回答します」を読み、ISOにも通じることが多い事に驚き、27の質問を品質マネジメントに置き換え、「運用体制」の8つについて製品開発などを例にしてまとめています。
2021.02.27
ベイジ(IT企業)に学ぶ

ISO(品質マネジメント)に関する27の質問に答えます:企画・題材

ベイジの枌谷さんの「オウンドメディアに関する27の質問に2万字で回答します」を読み、ISOにも通じることが多い事に驚き、27の質問を品質マネジメントに置き換え、「企画・題材」の7つについて製品開発や商品企画などを例にまとめています。
2021.02.21
ベイジ(IT企業)に学ぶ

ISO(品質マネジメント)に関する27の質問に答えます:目標・指標

ベイジの枌谷さんの「オウンドメディアに関する27の質問に2万字で回答します」を読み、ISOにも通じることが多い事に驚き、27の質問を品質マネジメントに置き換えまとめました。27の質問の内「目標・指標」の4つについて製品開発などを例にしてまとめています。
2021.02.21
スポンサーリンク
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました