ホーム

ビジョンで回す博士の品質マネジメント

私(はかせ)がISO9000シリーズを勉強するきっかけ(ISOとの出会いとかかわり)は、1つの相談からでした。

社長
社長

ISO(ISO9001の2000年版)を取ろうとおもうのだけど、博士(はかせ)どう思う?

はかせ
はかせ

調べてみますので時間をください。

社長さんの一言がきっかけとなり、認証取得であれば審査員になるのが一番と審査員講習を受け、認証取得のお手伝いをさせて頂いてから早十余年。ISO9001:2000導入に始まり2015版への改定などを通して品質マネジメントを知るほどに、チームやプロジェクトにも使える意外に良い仕組みであることを再認識しています。

このブログでは、20名程度のモノづくりメーカーを想定して具体的で分かりやすいことを目指し、「品質マニュアルと関連規定」や「内部監査ガイド」の他、「環境マニュアル」、「ISMS、情報セキュリティ」についてまとめています。

よく読まれている記事とお知らせ

よく読まれている記事:Top10

博士と作る内部監査チェックリストの作り方と見直し方12373 views
内部監査ガイド:監査基準と不適合の記述例9302 views
実はやっているマネジメントレビュー。経営判断の一部です。8006 views
「品質マニュアル3.0」:製造管理規定 製造管理の参考:製造の品質6073 views
内部監査ガイド:監査前会議5734 views
「JIS Q 19011:2019マネジメントシステム監査のための指針」について5663 views
内部監査ガイド:監査の目的と重要ポイント5117 views
「品質マニュアル3.0」:品質文書管理規定4718 views
内部監査ガイド:是正処置とフォローアップ4267 views
「品質マニュアル3.0」:製造管理規定4216 views

新着記事とお知らせ

WordPress更新日の変更:「更新しない」で「ー0001年」
セキュリティが分からなければ「インターネットの安全・安心ハンドブック」から
製造管理規定:製造設備等の管理(標準)
製造管理規定:製造に関するプロセスの妥当性確認(標準)
はてなブログを初めてみたが続かなかった理由とGoogleAdSense

ISO(品質)はよくできたマネジメントの仕組みです

品質マネジメントというとモノづくりや製造業のイメージが強いかもしれません。確かに、ISO9000の中でも設計・開発は仕組みとしてよくできているとの定評があります。

しかし、ISO9001:2015では品質マネジメントと経営の統合がこれまでより強く求められるようになり、ISO9000だからと言って何か特別なことが要求されているわけではありません。

例えば、

現在では、附属書により品質マネジメント、環境マネジメント、情報セキュリティなどについても、マネジメントシステムの共通化が進んでいます。

ISO(品質)を認証の取得と維持で終わらせず、マネジメントレビューや内部監査を積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

品質マネジメントは、マネジメントの仕組みとしても使えますし、PDCA、プロセスアプローチ、リスク管理の考え方は、様々なプロジェクトへの取り組みにも適用できるよい仕組みだと考えています。

はかせ
はかせ

ISO(品質)は、マネジメントのシステムとしてよくできていると考えています。

品質マネジメントシステムの7原則

マネジメントや原則と聞くと難しいイメージをお持ちかもしれません。

品質マネジメントシステムの7原則とは、

  • 顧客重視
  • リーダーシップ
  • 人々の積極的な参加
  • プロセスアプローチ
  • 改善
  • 客観的事実に基づく意思決定
  • 関係性管理

のことですが、どれが最も重要かといったものではありません。

私は品質マネジメントについて次のように説明しています。

はかせ

はかせ

品質マネジメントシステムとは、ビジョン(ありたい姿、イメージ)があり、「顧客満足」を高めるために、「継続的に改善」していくことです。そのための取り組み方として「プロセスアプローチ」を使っています。

品質マネジメントとDoから始めるPDCA

ISOでよく言われるPDCAについては、品質マニュアルにも組み込まれています。

ISO9001:2015版品質マニュアルとPDCA
ISO9001:2015の品質マニュアルと関連規定、品質マニュアルの目次を使い、ISO9000シリーズの要求事項にPDCAが組み込まれていることを説明しています。

PDCAは、P(計画)からではなく、まずはできることをやってみる(Do)。例えば、記録をつける、残すからでもよいので、行動を起こすことが重要です。

PDCAはPから始める? できることをやってみるのが一番
PDCAは計画作りから始めなくてもよいのです。ここでは以下について説明しました。PDCA始めの1歩は、記録をつける残すから。マネジメントの第一歩は自己管理(時間管理)。指示待ちは指示したことはできること。P(計画)とC(確認)、品質目標と計画作成。

品質マネジメントとは、

「社長が自らのビジョンを実現するためにリーダーシップをとり、顧客を重視し、業務を改善し続けること」

です。会社を運営(経営)にも利用できるよくできたツールだと考えています。

はかせ

はかせ

今もレベルアップ(継続的改善)や評価などに頭を悩ませながら、品質マネジメントの良さを感じ利用しています。

そして、明確な(具体的な)ビジョン(ミッション)は、PDCAを回す力になります。

ビジョンで回すPDCA。ISO9000(品質)活用してますか?
ISO9000品質マネジメントの効果が見えない、PDCAがうまく回っていない、マンネリ化しているとの声があります。「何を実現するために会社を作ったのか」こそビジョンであり、具体的なビジョンがあるとPDCAが回しやすいことを説明しています。

「書類さえあればよい」、「審査前の準備が大変」といった、私としては非常に残念な状況を見聞きすることもあります。品質マネジメントの形式的な導入は百害あって一利なしです。このブログが会社をよりよくするヒントになれば幸いです。

はかせ

はかせ

認証取得・維持が目的の場合もあることは理解していますが、経営判断とはいえもったいないなと感じています。

品質マニュアルと関連規定

はかせ

はかせ

わかりやすい品質マニュアルと関連規定を目指し、ポイントなどを含め作成しました。

品質マニュアルと関連規定は、会社に合わせて作り上げていくものです。20名程度のメーカーを想定し、わかりやすくて使える品質マニュアルを目指して作成しました。

わかりやすい品質マニュアルと関連規定の作り方
コンサル頼みで会社規模に合わない品質マニュアルや規定にしてしまうと、認証取得後の運用が大変でISOの形骸化が進んでしまいます。これまでのISO導入等の経験を振り返り、やさしい、使える品質マニュアルと規定の作り方についてまとめています。

「わかりやすい品質マニュアルの作り方」のKindle本を出版しました。

わかりやすい品質マニュアルの作り方 | はかせ | 工学 | Kindleストア | Amazon
Amazonではかせのわかりやすい品質マニュアルの作り方。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

教育・訓練

ISO導入後も会社全体の大きなPDCAや部署やプロセス毎の小さなPDCAを回し継続的に改善を続けていくことになります。

教育・訓練に関連する資料をまとめています。

内部監査ガイド

はかせ

はかせ

必要に迫られ内部監査員教育のために作成しました。やらなければならない内部監査なので、前向きに利用したいと考えています。

品質マネジメントシステムには、マネジメントレビューや内部監査が欠かせません。

内部監査員教育のため「内部監査ガイド」を作成していたので、そのものずばりではありませんが公開したところ、思いのほか読まれているようです。監査員教育だけでなく、監査員としての振り返りなどにも参考にしていただけているのかもしれません。

内部監査の参考
ISO9000の内部監査員を教育する際のはじめの一歩、営業系や技術系の内部監査員の育て方、内部監査チェックリストの作り方と見直し方、内部監査を活用するためのヒントについてまとめています。

ISO9001:2015になり品質マネジメントと経営との統合がさらに進んでいます。「実はやっているマネジメントレビュー」が、見直しのヒントになれば幸いです。

実はやっているマネジメントレビュー。経営判断の一部です。
ISO9000で内部監査と並びなじみがないマネジメントレビュー、言葉になじみはなくとも中身は経営会議や役員会議に含まれています。マネジメントレビューは社長の仕事、マネジメントレビューの進め方、課題検討表によるリスク分析について説明します。

「内部監査ガイド」を中心にKindle本を出版しました。(2020年8月)

ISO内部監査の取扱説明書 | はかせ | 工学 | Kindleストア | Amazon
AmazonではかせのISO内部監査の取扱説明書。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

カテゴリーリストと全ての記事一覧

このブログのカテゴリーを一覧にまとめています。

全ての記事の一覧は、サイトマップをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました