「環境マニュアル」:4.組織の状況

ここでは、「環境マニュアル」の

4. 組織の状況

についてまとめています。

「環境マニュアル」の目次は、以下をご参照ください。

環境マニュアル
環境マニュアルも品質マニュアル同様、導入する会社や適用範囲に合わせて作るものです。すでに公開している品質マニュアルと関連規定と同じ様に、20名程度のモノづくりメーカーを想定して環境マニュアルを作り公開しています。
スポンサーリンク

4. 組織の状況

4.1 組織及びその状況の理解(会社を取り巻く状況)

当社は、当社の目的や方向性に関連し、当社を取り巻く内外の様々な課題を明確にする。

課題については、当社が影響を与える環境状態に加え、当社に影響を与える可能性がある環境状態も含む。

これらの情報は常に入手できるようにし、またその正確性についても検証する。

4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解(利害関係者から求められていること)

当社の環境マネジメントシステムに関連する利害関係者は、次の通りである。

  • 顧客
  • コミュニティ(近隣企業)
  • 供給者
  • 規制当局
  • 従業員

法規制などを含め、利害関係者が要求している事項を明確にし、順守する。

これらの情報は常に入手できるようにし、また、その正確性についても検証する。

4.3 環境マネジメントシステムの適用範囲の決定(EMSで管理する事業の範囲)

環境マネジメントシステムの適用範囲を、「1.2 適用範囲」に定める。

4.4 環境マネジメントシステム(EMSの概要)

JIS Q 14001:2015の要求事項に従い、

  • 組織の課題(4.1)
  • 利害関係者のニーズ及び期待(4.2)

を考慮の上、環境マネジメント システムを確立し、文書化し、実施し、維持し、継続的に改善し、環境マニュアルを周知徹底、順守することにより、これらの要求事項を満たし、環境パフォーマンスを向上する。

まとめ

ここでは、「環境マニュアル」の

4. 組織の状況

についてまとめました。

タイトルとURLをコピーしました