「環境マニュアル」:1.総則、2.適用規格、3.用語の定義

ここでは、「環境マニュアル」の

1. 総則(目的(ビジョン)、適用範囲)

2. 適用規格

3. 用語の定義

についてまとめています。

「環境マニュアル」の目次は、以下をご参照ください。

環境マニュアル
環境マニュアルも品質マニュアル同様、導入する会社や適用範囲に合わせて作るものです。すでに公開している品質マニュアルと関連規定と同じ様に、20名程度のモノづくりメーカーを想定して環境マニュアルを作り公開しています。
スポンサーリンク

1. 総則(目的、適用範囲)

1.1 目的(ビジョン)

株式会社○○(以下、当社という)は、・・・・。

ここには、会社のビジョンを書くとよいと思います。
私が考えているビジョンについては、「何のために会社を作ったのかこそビジョン」をご参照ください。
ビジョンのメリットについては、「具体的なビジョンがPDCAに与えるメリット」をご参照ください。

当社は、環境責任をマネジメントするため、環境マネジメントシステム規格JIS Q 14001に準拠した体制を確立し、環境パフォーマンスを向上させる継続的な改善活動を全社員で実行する。

1.2 適用範囲

当マニュアルは、当社の環境方針の実施・達成に係わる全ての活動、製品、サービスに適用する。

(1)対象範囲

当社の製品の設計開発、製造及びサービスの環境側面に適用する。

(2)対象組織

株式会社 ○○

会社の所在地(住所)を記載します。

(3)対象者

従業員(要員)とする。

2. 適用規格

この環境マネジメントシステムは、次の規格に準拠する。

JIS Q 14001 環境マネジメントシステム - 要求事項及び利用の手引

参考になる規格として、「JISQ14004:2016(ISO14004:2016)環境マネジメントシステム−実施の一般指針」があります。
[ad]

3. 用語の定義

本環境マニュアルで使用する用語は、JIS Q 14001に規定される定義による他、下表による。

用語定義
環境文書環境マネジメントシステムに関する文書の総称
規定等環境マニュアル、規定、標準をいう。

環境マネジメント用語の補足説明については、以下を参照してください。

参考:環境マネジメント用語の補足説明

まとめ

ここでは、「環境マニュアル」の

1. 総則

2. 適用規格

3. 用語の定義

についてまとめました。

はかせ

ISOについて学ぶきっかけは、知り合いの社長さんからISOについて相談されたことでした。
品質マネジメントを知るほどに、チーム運営やプロジェクトにも使える意外に良い仕組みであることを再認識しています。

はかせをフォローする
環境マニュアル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
ビジョンで回す博士の品質マネジメント
タイトルとURLをコピーしました