モノづくり4.0

モノづくり4.0モノづくり4.0

これからの中小企業のモノづくり視点で、「ものづくり白書」やモノづくりIoTなどについてまとめています。

2021年12月、Twitterで見かけた「MES入門(2020年出版)」を読んでみました。Manufacturing Execution System(製造実行システム)のことで、情報収集中です。

モノづくりへの情報システム化だけでなく、ソフトウェア開発のCMMIの様に教育を含めた人材育成も含まれているようです。ミスミのmeviy(メビー)、CADDi(キャディ)、「Small Factory 4.0」の旭鉄工さんの取り組みなどが中小レベルのモノづくりへの事例のような感じもしています。


スポンサーリンク
モノづくり4.0

自分の時間を取り戻す個人の生産性の上げ方:インプット時間半分に挑戦

「生産性」というとモノづくりの話だろう、「生産性を上げる」というと効率化の話題の様なイメージが強いかもしれません。チームや会社の生産性のイメージを横に置き、日頃意識する機会があまりない、個人の生産性の考え方と生産性向上について説明します。
モノづくり4.0

製造現場を可視化するMES(製造実行システム)とこれからのモノづくり

現在のモノづくりは、品質は当たり前で多品種・少量・短納期。MESは、生産状況や製造現場を可視化し作業指示や支援もする「製造実行システム」です。生産管理やノウハウの属人化を解消する効果もあり、モノづくりの可視化と最適化による改善を実現できます。
DoCAP(PDCA)

新たな設備導入からは始めない、できることから始める町工場IoTとDX

モノづくりIoTやDXと言えば最新設備やシステムのアピールが強いようですが、モノづくり現場と言えば町工場です。町工場で現役で稼働している昭和の機械を利用した自ら手を動かすSmall Factory 4.0 第四次町工場革命を紹介します。
2021.10.24
モノづくり4.0

ものづくり白書2020から:ものづくり人財の確保と経営課題

2020年のものづくり白書からモノづくり人財の確保と経営課題について説明します。モノづくり現場が直面している経営課題(事業環境、市場環境、強み、競争力を高める取組)、製造の鍵となる技能、デジタル技術の活用と人災育成についてまとめています。
2022.05.13
モノづくり4.0

ものづくり白書2020から:設計力強化戦略とDX(デジタルトランスフォーメイション)

2020年のモノづくり白書から設計力強化戦略とDX(デジタルトランスフォーメイション)の部分について説明します。フロントローディングやバーチャル・エンジニアリングなど2000年代のPCとCAEの普及し始めた頃と大きな違いはなさそうです。
2022.05.13
モノづくり4.0

ものづくり白書2020から:不確実な世界における企業変革力とデジタル化

マネジメントレビューの参考になればと読み始めた2020年版ものづくり白書。不確実な世界における日本の製造業の企業変革力について、経営戦略、大企業と中小企業の比較、サプライチェーンの強化、製造業のデジタル化などについてまとめています。
2022.05.13
モノづくり4.0

ものづくり白書2020から:中小企業のモノづくりについて考える

マネジメントレビューのインプット資料作成にあたり、製造業の中小企業を対象に何かヒントになることがないかと思い、ものづくり白書の2020年版を読んでみました。「設計力強化」という言葉が気になったことがきっかけです。PDF300ページを読むのは少々大変でした。
2022.05.13
スポンサーリンク
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました