就業規則とテレワーク

就業規則とテレワーク就業規則

今さらながら就業規則について調べてみましたが、労使立場違えば就業規則の作り方も変わるのだろうなと感じています。

テレワークによる在宅勤務は就業規則や情報セキュリティについても関係があります。

スポンサーリンク
就業規則

就業規則と共に使う「テレワーク規定(在宅勤務規定)」の作成例

テレワークという働き方が珍しいものではなくなりつつあります。厚生労働省のテレワークモデル就業規則の作成手引きを使い、テレワークの1つである在宅勤務を想定したテレワーク規定を作りました。就業規則や情報セキュリティ、服務規律など参考になります。
就業規則

テレワーク就業規則のポイント:情報セキュリティや服務規律に注意

テレワークも珍しいものではなくなってきました。テレワークの1つである在宅勤務を例にテレワーク規定を作成する場合の、注意点やポイントなどについてまとめました。働き方については法令からの要求やセキュリティ、服務規律についても注意が必要です。
就業規則

テレワーク時代の就業規則について考える

就業規則は会社のルールの1つで、労働基準法により常時10人以上の従業員がいる場合には就業規則を作成し労働基準監督署に提出します。現在テレワークは珍しいものではなくなってきているので、テレワークを考慮した就業規則についてまとめています。
就業規則

就業規則:厚生労働省のモデル就業規則から作ってみました

労働基準法では常時10人以上の従業員がいる場合、労働基準監督署に就業規則を提出します。厚生労働省のモデル就業規則から、本ブログの品質マニュアル同様20名規模のモノづくりメーカーを想定して就業規則を作りました。労使の立場を考えるきっかけにも。
就業規則

厚生労働省のモデル就業規則を読んで:就業規則は労使双方とって重要

会社のルールの1つ就業規則。法律(労働基準法)では常時10人以上の従業員がいる場合には就業規則を作り労働基準監督署に提出します。厚生労働省のモデル就業規則を読み、労使双方にとって重要なルールだと再認識し注意点やポイントについてまとめました。
2021.03.22
スポンサーリンク
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました