はじめに:品質マニュアル3.0について

品質マニュアルを作るのは、自分の知識を整理するにもよいと考え、20名程度の会社(組織)を想定して品質マニュアルを作ってみることにしました。

ここでは、これから公開していく「品質マニュアル3.0」について、想定などをまとめておきます。

スポンサーリンク

品質マニュアル3.0について

品質マニュアルもISO9000シリーズが発行当初の1995年版をバージョン1.0とすれば、適用業種が広がった2000年版がバージョン2.0、そして、2015年版では経営との一体化が進みバージョン3.0へと変わってきたと考えています。

「品質マニュアル3.0」は、次のような方の参考になるのではないかと思っています。

  • これから品質マニュアルを作成する。
  • 品質マネジメントシステムを軽くしたい。
  • チーム運営の仕組みづくりをしたい。

想定している会社(組織)について

想定している会社のイメージを列挙します。

  • 社員数は20名程度
  • 組織図にすれば、社長、管理部門、営業部門、技術部門となるが、例えば営業と技術の境界にはグレーゾーン(営業技術、技術営業)がある。
  • 全社的なことは、各部門の長と社長とで協議し、社長が決めている。
  • モノづくり、開発案件は、基本的にプロジェクト方式、チームで実施している。

組織図については、以下のリンク先をご参照ください。

組織図

まとめ

ここでは、品質マニュアル3.0を作りにあたっての想定など、以下について説明しました。

  • 品質マニュアル3.0について
  • 想定している会社(組織)について
はかせ

ISOについて学ぶきっかけは、知り合いの社長さんからISOについて相談されたことでした。
品質マネジメントを知るほどに、チーム運営やプロジェクトにも使える意外に良い仕組みであることを再認識しています。

はかせをフォローする
品質マニュアルと規定
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
ビジョンで回す博士の品質マネジメント
タイトルとURLをコピーしました