品質マネジメント用語の補足説明

ISO9000シリーズの規格、要求事項には、ISO用語といってもよい専門用語が出てきます。

用語の意味についての規格も出ていますが、これまた分かりにくい。

  • JISQ9001 品質マネジメントシステム-要求事項
  • JISQ9000 品質マネジメントシステム-基本及び用語

用語については、内部監査はもちろんのこと、内部監査員教育でもなかなか悩ましい問題です。

正確性には目をつぶり、普段使う言葉を意識して(まだまだ分かりにくいとは思いますが)補足説明をしてみました。

正しい意味は規格の通りなので、以下の内容に疑問を持ったら、ISO規格をご確認ください。

JIS規格の検索方法については、以下をご参照ください。

ISO9000シリーズ等のJIS規格と「JIS検索」について
ISO9000シリーズ品質マネジメントシステム要求事項等とJIS規格を検索方法について説明します。「JISQ9004組織の持続的成功のための運営管理−品質マネジメントアプローチ」の「付属書A(参考)自己評価ツール」の自己採点はお勧めです。

ISO規格の日本語も分かりやすいとは言えないので、言葉の意味に悩んでいる場合には、英文になりますがJISではなくISO規格を読んだ方が分かりやすいと思います。

参考:製造管理規定の用語の補足説明

参考:情報セキュリティ用語の補足説明

はかせ
はかせ

日本語は難しいです。

スポンサーリンク

品質マネジメントシステム(QMS)

  • 品質マネジメントシステム(Quality Management System)
  • 品質に関する仕組み
  • 品質に関して会社を指揮し管理するためのマネジメントシステム

品質

  • 要求事項を満たす程度

要求事項

  • 法令・規制上の要求
  • 顧客要求事項(仕様など)
  • 明文化されていない要求(暗黙の了解)を含む

利害関係者

  • 仕事に関係する人や会社など
  • 協力先、外注先、購入先、物流会社など

適合品

  • 要求事項を満たす製品
  • 良品、検査に合格した製品

不適合品

  • 要求事項を満たさない製品
  • 不良品、不合格品、不具合品ともいう

顧客満足

  • 顧客の期待が満たされている程度に関する顧客の受け止め方

文書化した情報

  • 文書と記録のこと
  • PDF、DVD等のメディアやシステムデータなど媒体を問わない。
  • ISO9001:2015版では、文書は維持する、記録は保持すると使い分けされているが、どちらも管理するに同じ。

認識

  • その本質、意義を理解し、自分の活動(仕事)に置き換えることができること
  • 自分の責任(役割)を理解し、自らの行動が組織(当社、部署の)目標達成にどのように役立つか理解すること
はかせ
はかせ

「認識させる」のは、社長はリーダーの役割です。

運用

  • 仕事(会社、各部署の様々な業務)をする
  • そのもののもつ機能を生かして用いること
  • 実行する。活用する。
  • 品質マニュアルに定めた手順に従い、プロセス(工程、業務)を進めること

リーダーシップ

  • 社長を含むすべてのリーダーが、目的及び目指す方向を一致させ、メンバーが会社やチームの目標達成に積極的に取り組むよう支援(サポート)すること
  • 会社やチームの目標達成のための各人の取り組み(活動)を支援すること

コミットメント

  • 責任をもって関わること、それを明言すること
  • 責任を伴う約束

プロセスアプローチ

  • 1つ1つのプロセス(工程)を明確にし、各プロセス内で完結させ、一連の業務をスムーズに行うシステム全体を構築、運用する考え方
  • システムは、各部門やチームのプロセス(営業、開発、調達等の工程。製造での前処理、加工、塗装、仕上げなどの工程。)からなり、各部署でさらに小さく分けられた業務(作業、工程)がプロセスの最小単位

リスク

  • 目標達成の妨げや阻害要因になるもの
  • マイナスの影響を与えるもの

機会

  • チャンス
  • リスクの反対の意味

パフォーマンス

  • 測定可能な結果(定量的、定性的なものがある)、行動と成果
    • 品質マネジメントシステム、プロセス、組織のパフォーマンス(実施状況)、成果を含む実施状況
    • 製品のパフォーマンス(機能・性能)

レビュー

  • 設定した目標を達成するために、実施した作業の適切性、妥当性、及び有効性を判定すること
    • マネジメントレビュー
    • 設計・開発のレビュー、DR(デザインレビュー)
    • 顧客要求事項の妥当性確認
    • 是正処置の対策の有効性評価

リリース

  • 出荷
  • 出荷許可

トレーサビリティ

  • 対象の履歴、適用、又は所在を文書化した情報(電子媒体でもよい)により追跡できること
  • 製品・材料・部品の源、処理の履歴、製品適用後の分布及び所在
タイトルとURLをコピーしました