WordPressテーマCocoonの使いやすいカテゴリとメニューについて考える

「品質マニュアル3.0」や「内部監査ガイド」のように、1つの記事にしてしまうと10,000字を超えてしまうので、テキストの目次をイメージして、カテゴリページやまとめページを作っています。

例えば、「内部監査ガイド」では、カテゴリページを利用しています。

他の例では、「品質マニュアル3.0」では、カテゴリページ「品質マニュアル3.0」と、「「品質マニュアル3.0」の目次と関連規定一覧」のページを利用しています。

しかしながら、使いやすさとしては今一つだと思っているうちに、おかげさまで記事数は100を超え、時代は平成から令和になってしまいました。

このブログで使用しているシンプルなWordPressテーマCocoonも、機能追加や操作性の改善がされています。

ブログの使いやすさという点で気になっているCocoonの機能について、備忘録を兼ねてまとめておきます。

スポンサーリンク

モバイルフッターメニュー

スマホやタブレットで表示されるモバイル画面の下部に表示されるメニューボタンのことです。

WordPressの管理画面から変更できるようになったので、目次ボタンを追加してみました(2019.5.22)。

目次にメニューボタンでアクセスできるようになるので、長い記事を読んだり、特定の項目を見たい場合には便利になるのではないかと考えています。

フッターモバイルボタンの設定方法
スマホ画面のフッターに表示されるスライドインメニューボタンのカスタマイズ方法の解説です。
スポンサーリンク

「ナビカード」ショートコード

ナビカードショートコードを利用すると、記事の中やサイドバー等に「自分の表示させたいリンク」をカード形式で表示できるようにすることができます。

サイドバーとは、モバイル画面で表示されるメニューボタンの「メニュー」を押すと表示される画面のことです。

「品質マニュアル3.0」や「内部監査ガイド」などのまとまった記事や、よく読まれている記事をサイドバーに設定しておくと、見たい記事にダイレクトとまではいかなくても簡単な操作でたどり着けるのではないかと考えています。

トップページやカテゴリページからとは、また違った便利さがありそうな感じがしています。

意図した記事一覧を作成できる「ナビカード」ショートコードの使い方
サイト訪問者を的確に誘導するために、意図したリンクリストを作成するショートコードの使い方です。
スポンサーリンク

モバイル表示でのカテゴリボタン数

モバイル表示の時には、モバイルメニュー(ヘッダーモバイルメニュー)を表示するようにしています。

2020年9月5日、モバイル表示で表示できるカテゴリ数は4個までとなぜか思い込んでいましたが、

WordPress>外観>メニュー

で追加できることに今さらながら気づき、早速、トップカテゴリに合わせましたが、5つはバランスが悪いので内部監査ガイドを追加しています。

メニューボタンから選ぶと一覧性に優れていますが、特定のカテゴリやページに飛ぶ際には便利かもしれません。

まとめ

ここでは、WordPressテーマCocoonの中で、ブログの使いやすさという点で気になっている次の機能について、備忘録を兼ねてまとめました。

  • モバイルフッターメニュー
  • 「ナビカード」ショートコード
はかせ

ISOを学ぶきっかけは、知り合いの社長さんからのISO認証取得の相談からでした。
品質マネジメントは、会社をよくするツールであり、チームやプロジェクトにも使えるよくできた仕組みです。

はかせをフォローする
ブログ運営
スポンサーリンク
はかせをフォローする
ビジョンで回す博士の品質マネジメント
タイトルとURLをコピーしました