2019年振り返りと2020年に向けて

2019年、令和元年も間もなく終わります。

おかげさまで、PDCAのDoから始めたこのブログ、もうやめようかと思うこともありましたが、何とか続いています。

PDCAはPから始める? できることをやってみるのが一番
PDCAは計画作りから始めなくてもよいのです。ここでは以下について説明しました。PDCA始めの1歩は、記録をつける残すから。マネジメントの第一歩は自己管理(時間管理)。指示待ちは指示したことはできること。P(計画)とC(確認)、品質目標と計画作成。

2020年は量から質へと、継続的改善ではありませんが、コツコツと続けていきたいと考えています。

今年を振り返り、2020年に向けてまとめておきます。

スポンサーリンク

環境マニュアルの進捗状況

必要に迫られてと言った方がよいかと思いますが、「品質マニュアルと関連規定」と同じ会社を想定して、「環境マニュアル」を作り始めました。

環境マニュアルは、規定をできるだけ少なくする方針で作り始め、2019年の内に形にしようと目論んでいましたが、環境マネジメントならではの専門用語について勉強したりと、当初予想より時間はかかっていますが、コツコツと進めています。

ISO14001:2015の付属書についても、「環境マニュアル」を作りだしてみると、EMSの解説として参考にすればよいのかと改めて読みなおしています。

ISO9001やISO14001等の整合化ルール「附属書:共通テキスト」について
ISO9001(品質)、ISO14001(環境)やISO/IEC27001(情報セキュリティ)等のISOマネジメント規格の整合化(文章構造や用語の定義等)を図るために作られた付属書の共通テキストと、要求事項の比較例等についてまとめています。

現時点での感想ですが、品質マネジメントと比べると、マネジメントというより、法令順守を確実に実行するため、業務フローを定め、実行する仕組みとしてのイメージが強いです。

スポンサーリンク

今も課題:これといった答えが見つからないこと

品質マネジメントに関連して、自分なりの答えが定まらないのが、内部監査とマネジメントレビューです。

内部監査やマネジメントレビューについて考え始めると、

  • 今できること、今やるべきこと
  • ビジョン(ミッション)、目的、目標
  • できること、できないこと

などについて、幾度となく考え、リセット、また考えることを繰り返しています。

スポンサーリンク

チャレンジ:2020年に取り組んでみたいこと

2020年に取り組んでみたいことは2つあります。

1つは、情報セキュリティマニュアルの新規作成です。

このブログでもISMSについて、「情報セキュリティマニュアル」や「情報セキュリティ事故対応ガイドライン」などについてまとめています。

ISMS、情報セキュリティ
情報セキュリティマネジメントシステム(ISO27000シリーズ)について説明しています。 ISMS:Information Security Management System

ISMSというよりは、情報セキュリティのルール作りという観点で、「情報セキュリティマニュアル」を作ってみようかと思っています。

QMSの内部監査には、情報セキュリティに関する部分もあり、新たな気づきがあるかもしれません。

もう1つは、プロジェクトマネジメントについてです。

新商品開発などに限らず、私たちの周りには、規模の大小はあれどもプロジェクトがたくさんあります。

品質マネジメントに関する課題を列挙してみると、

  • 繰り返される様々なクレーム
  • 受注や出荷のミス
  • 製造不具合

などありますが、プロジェクトとして取り組むことも少なくないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ここでは、2019年を振り返り、2020年に向けてやりたいことなど、以下の項目についてまとめました。

  • 環境マニュアルの進捗状況
  • 今も課題:これといった答えが見つからないこと
  • チャレンジ:2020年に取り組んでみたいこと
はかせ

ISOについて学ぶきっかけは、知り合いの社長さんからISOについて相談されたことでした。
品質マネジメントを知るほどに、チーム運営やプロジェクトにも使える意外に良い仕組みであることを再認識しています。

はかせをフォローする
お知らせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
ビジョンで回す博士の品質マネジメント
タイトルとURLをコピーしました