【解決済】やってしまったWordPress5.5にうっかり更新。メジャーアップデートだった。

WordPressやテーマの更新には気をつけていたつもりでしたが、うっかりやってしまいました。

今回の反省と備忘録を兼ねてまとめておきます。

スポンサーリンク

WordPress5.5の更新案内

WordPressを開いてみると更新の以下の通知がきていました。

  • Cocoon2.2.2
  • WordPress5.5(この時、メジャーアップデートと気づいていなかった)

Cocoon2.2.2に更新

まず、Cocoonの更新内容を確認したが、テンプレートの追加や不具合修正で特に問題なさそうなので更新しました。

WordPress5.5に更新(メジャーアップデートだった)

ついで、WordPressの更新通知がきていたので、無意識の内に更新を実行してしまう。

更新した後に、メジャーアップデートだったことに気づく。

はかせ
はかせ

ついやってしまいました。

スポンサーリンク

WordPress5.5の不具合情報を調べる

更新してしまったので、WordPress5.5アップデートで不具合が出ていないかGoogle先生に聞いてみた結果が、以下の通り。

  • Cocoonでも不具合が出ているようだが私の環境では問題なさそう。
  • CocoonのWordPress5.5対応は、近いうちに行われる予定。
  • Cocoon以外のテーマでも、不具合が発生している様子。

大きな問題はなさそうと判断しました。やれやれです。

WordPressを5.4.2に戻す

WordPressによる不具合が何となく気になるので、ひとまずWordPressを前のバージョン5.4.2に戻すことにする。

「WP Downgrade」というプラグインを使うと簡単に戻せるので、これを使うことにして、WordPress5.4.2に戻しました。

スポンサーリンク

新たな問題がプラグインで発生

WordPressは5.4.2に戻したものの、プラグイン「TynyMCE Advanced」について以下のメッセージが出てきました。

TynyMCE Advanced には、WordPress 5.5-alphaより新しいバージョンが必要です。現在は5.4.2をお使いのようです。 エディターが不安定になる可能性があります。
WordPress を新しいバージョンにアップグレードするか、古いバージョンのプラグインをダウンロードしてください。

やれやれ、どうしようか。クラシック環境で使っているので大きな問題はなさそうなので、ひとまず様子見とする。

今のところ問題は出ていない(気づいていない)ので、

  • CocoonのWordPress5.5対応版を待つ

ことにしました。

スポンサーリンク

教訓:バージョンアップは、考えてから実行すること!

Windows10は、自動更新としていますが、その感覚でアップデートがきたら自動的に更新してしまう習慣になっているようです。

今回は、WordPressとプラグインの両方のバージョンアップがきていたこともあり、「とりあえずバージョンあっぷするか」と思ってしまったのが失敗でした。

WordPress5.5.1リリースとCocoon2.2.3.1リリース(2020.9.8)

CocoonのフォーラムやわいひらさんのTwitterでCocoonのWordPress5.5対応を進めているとのことで待っていたところ、本日(2020年9月8日)、Cocoon2.2.3.1がリリースされました。

Cocoon 2.2.3公開。WordPress5.5デフォルトのLazy Loadが優先されるように調整。
Cocoon 2.2.3のアップデート情報です。WordPress標準のLazy LoadにCocoonのLazy Load機能を合わせました。

WordPress5.5のLazy Load(画像の遅延読み込み)に対応したとのことで、まずは、もう1つのブログ「音振とはかせ工房」で以下の更新をしました。

  • WordPressを5.5.1に更新
  • Cocoonを2.2.3.1に更新

ざっと確認したところ問題なさそうです。

バージョンアップすると下図のような表示がでます。

WordPress5.5.1

WordPress5.5.1

上記のTynyMCE Advancedのメッセージも表示されなくなり、問題が解決しました。

こちらのブログは週末に、上記バージョンアップを予定しています。

スポンサーリンク

WordPress5.5.1とCocoon2.2.3.2更新(2020.9.12)

土曜日の朝、WordPress5.5に更新しました。正確なバージョンは、以下の通りです。

  • WordPressを5.5.1に更新
  • Cocoonを2.2.3.3に更新

Cocoonは、2.2.3.3に更新されていました。更新内容は以下の通りです。

  • 一部環境でエラーが出る不具合修正
  • 2.2.3.2からの画面下モバイルボタンの修正

このブログでは特に問題もなく、WordPress5.5への対応が完了しました。

はかせ
はかせ

まだ、面倒という気持ちが強いのですが、そろそろブロックエディターを試してみないといけないのでしょうか?

まとめ

WordPress5.5の更新通知がきて、メジャーアップデートだったことに気づかず、うっかり更新してしまいました。

大きな問題はなさそうですが、今回の反省と備忘録を兼ねて以下の項目でまとめました。

  • WordPress5.5の更新案内
    • Cocoon2.2.2に更新
    • WordPress5.5に更新(メジャーアップデートだった)
  • WordPress5.5の不具合情報を調べる
  • WordPressを5.4.2に戻す
  • 新たな問題がプラグインで発生
  • 教訓:バージョンアップは、考えてから実行すること!
  • WordPress5.5.1リリースとCocoon2.2.3.1リリース(2020.9.8)
  • WordPress5.5.1とCocoon2.2.3.2更新(2020.9.12)
はかせ

ISOを学ぶきっかけは、知り合いの社長さんからのISO認証取得の相談からでした。
品質マネジメントは、会社をよくするツールであり、チームやプロジェクトにも使えるよくできた仕組みです。

はかせをフォローする
ブログ運営
スポンサーリンク
はかせをフォローする
ビジョンで回す博士の品質マネジメント
タイトルとURLをコピーしました