準備をした者に幸福は訪れる。備えあれば憂いなし!

早いもので2018年最後の投稿になります。2019年は1月7日から投稿予定です。

人それぞれ皆違うように、考え方も人それぞれです。

身近な人からは、独特の考え方と思われているらしい博士(はかせ)の迷言かもしれません。こんな人もいるのかといった程度の軽い気持ちで読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

準備をしたものに幸福は訪れる

準備ができていないばかりに、せっかくのチャンスに気付いてもそのチャンスをつかめず悔しい思いをしたことはありませんか?

せっかく見つけたチャンスをしっかりつかむためには、事前の準備が必要かつ重要です。

チャンスを見つけるまでに、事前に準備しておいたからこそ、チャンスをつかめたと考えていることを紹介します。

品質マニュアル

品質マニュアルのISO9001:2015版対応。

準備を進めていたから、品質マニュアル等の改定や移行審査予定が前倒しになっても対応できました。

品質マニュアル2015版改定の思い出
品質マニュアル2015版改定の思い出、改定方針と改定作業の流れ、改定中に起こった問題、品質マネジメントシステム体系図は作っておいてよかった、品質マニュアルのレビューと監査員教育について説明します。

商品企画のアイディアと概略プラン

商品企画を担当していた頃、アイディアやその実現方法について時間があれば考え、企画書を作るためのネタをメモしたりして事前に準備していたからタイミングよく提案し実行に移すことができました。

事前に考え準備していたからこそ、既存商品と新商品の位置付けや狙いがぶれず、出たとこ勝負にならないで済んだのだと思います。

漠然としたイメージだけで、その先について考えておかないと、運良くアイディアが上の目に留まっても、その後が続かないように思います。

商品企画のPDCA? 売れる商品のアイディアや思い付きを形に
商品企画の顧客満足はお客様のやりたいことを実現する商品の出荷、継続的改善は世の中に出した商品の改善を続けることと考えています。商品企画についてよく聞かれたことやっていたこと、考えていたこと、売れる商品の企画と開発について説明しています。

過去データの分析

データがあっても、とりあえず保存してあるだけで、データの分類から始めなければならない状態だったため手をつけずにいました。

それから1年ほど過ぎても気になっていたので、空き時間で情報(データ)を集め、整理(リストを作ってフォルダ毎にまとめる程度)をコツコツと始めました。

ある日突然報告しなければならなくなりましたが、何とか形にして期日までに報告することができました。

 

以上、独特の考え方をしていると言われる博士のつぶやきでした。

はかせ

ISOについて学ぶきっかけは、知り合いの社長さんからISOについて相談されたことでした。
品質マネジメントを知るほどに、チーム運営やプロジェクトにも使える意外に良い仕組みであることを再認識しています。

はかせをフォローする
博士のつぶやき
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
ビジョンで回す博士の品質マネジメント
タイトルとURLをコピーしました